老廃物の排出と代謝促進!美肌づくりに効果的な運動

肌の乾燥は、運動をすることで改善することができます。

つまり運動で保湿ケアが出来るということです。運動不足になると、乾燥肌が悪化するということは知っていますか?運動不足は新陳代謝を低下させますので、肌に悪影響が及んでしまうのです。

「老廃物が蓄積して、肌に潤いが行き届かなくなる」
「肌のバリア機能が低下する」

このような肌への影響が、運動不足によって引き起こされるのです。運動不足だと実感している人は、これを機にストレッチからでもいいので、始めてみませんか?

保湿に効果的な運動とは?

運動をして乾燥肌を改善する方法をご紹介したいと思います。ポイントは老廃物を排出するような運動で、「じんわり」汗をかくのが重要です。

ちなみに、じんわり汗をかくのであれば「岩盤浴」や「サウナ」でもいいのでは?と思われますが、それはちょっと違うのです。岩盤浴やサウナで出てくる汗は、サラサラしているのですが、これは汗腺だけから分泌された汗です。

つまり、老廃物は含まれていない汗なのです。体にあった水分やミネラルが出ていくだけなので、乾燥肌の改善には効果がありません。

では実際に、乾燥肌に効果のある運動をみていきましょう!

ウォーキング

1日に1時間のウォーキングをするのがおススメです。20分を3回に分けてウォーキングしてもOKです。太ももを大きく動かして、少し早く歩くのがポイントとなります。

毎日続けることが重要ですが、最初からハードにすると継続が難しくなります。最初から1時間が無理であれば、20分だけでもOKです。数日後には、1日1時間ウォーキングができるようになればいい、という目標を立てて始めてみましょう。

ストレッチ

お風呂上りの体が温まった時にストレッチをするのが、おススメです。

じんわり汗をかくストレッチ

  1. イスに座って右手で左の太ももを抑え、上半身を左側にひねります。反対側も同じように行います。左右10秒ずつが目安です。
  2. イスに座って両手を頭の上で組んで、思い切り伸ばします。腰や背中全体が伸びきったように感じるまで伸ばしてください。10秒×3回が目安です。
  3. 仰向けに寝転がり、片足の膝を両手で抱えます。そのままゆっくり胸の方へ引き寄せていき、寄せきったところで10秒間キープします。反対側の足もおなじように行います。
  4. 床に座って両足の裏を合わせます。かかとを体の方へ引き寄せて、おへそを見るような感じで背中を丸めます。15秒×2セットが目安です。

運動をした後に気を付けること

運動をした後には、しっかりと肌のケアをしてください。

汗をしっかりと拭きとって、水分補給を必ずするようにしましょう。汗をそのまま放置すると、ミネラルや老廃物が肌に付着して、かゆみが出てくることがあります。そうなれば、乾燥肌を悪化させることになるので、注意してください。

また水分補給をしっかりする事で、脱水を防ぐと共に、肌に潤いが戻りますので、必ず水分は補給してください。

関連記事

このページの先頭へ