乾燥肌ならこだわりたい!洗顔料の選び方と洗顔方法

乾燥肌の人は、洗顔の方法にもこだわる必要があります!

ポイントは、細胞間脂質やセラミドなどを洗い流さないようにして、肌の水分保持力を失わせないように洗顔する事です。乾燥肌の場合は、汚れはしっかりと落としてもらいたいのですが、『皮脂膜』『細胞間脂質』『天然因子』は洗い流さないようにしましょう!

乾燥肌の洗顔料の使い方と選び方

洗顔料の使い方や、どう選んだらいいのかを、ここで紹介したいと思います。

ダブル洗顔をしないように!

クレンジングをして洗顔をするというのは、2回も強い刺激を与えることになりますので、洗いすぎになってしまいます。

オススメなのは、クレンジングではオイルやクリームなどを使って、そのあと洗顔料を使って洗顔をする方法です。もしくは、1回の洗顔でクレンジングも洗顔もできる、石鹸や洗顔料を選ぶことです。

合成界面活性剤フリー

肌にとって、合成界面活性剤は大きな負担となる事が多いです。最近は安全性の高い洗顔料も多いのですが、合成界面活性剤が含まれている以上、肌には何かしらの影響が及んでしまいます。

『純石鹸』というものがあるのですが、洗っている最中だけ界面活性効果があるものなので、洗い流した瞬間にその力は消え去ります。短時間の使用であれば、肌に大きな影響はありませんので、純石鹸の使い勝手はとても良いと思います。

クレンジング剤を使わずに、1度の洗顔で終わらせたいという場合には、『純石鹸』を使うのが良いでしょう。

泡立ちのチェック

石鹸や洗顔料を使う時は、泡立ちをチェックしてもらいたいのです。皮膚に対して指で洗うのではなく、泡を使って優しく洗うのが乾燥肌対策になりますので、泡立ちはとても重要です。

石鹸の中には泡立ちが悪いものもありますので、泡が立つ事を前提として洗顔石鹸や洗顔料を選ぶようにしましょう!

洗顔石鹸がしみる場合

乾燥が悪化しすぎて、洗顔石鹸でもしみてしまう場合があります。こうなったら、無理をせずに『ぬるま湯』だけで軽く洗い流すだけにするか、『弱酸性・中性』の洗顔料を選ぶようにしてください。(このとき、合成界面活性剤が肌に残りにくいモノをチョイス)

正しい洗顔のやり方を伝授!

洗顔の正しいやり方と、手順をご紹介したいと思います。今日からこの洗顔方法で、乾燥肌対策をしていってください!

1、手を清潔にする

手についた雑菌などが、肌に付いてしまうので、手を石鹸でキレイに洗ってから洗顔に入ります。

2、洗顔料の泡立て

洗顔料に水を混ぜて、指先を使って泡立てていきましょう!泡立てネットを使うと、とっても簡単に泡が出来上がります。(弾力のあるもっちりした泡がグッド)

3、Tゾーンからスタート

泡をおでこ、鼻筋においていき、優しく洗います。指はできるだけ肌に触れないようにして、泡で洗う事を意識しましょう。

4、目元や口元を洗う

目元や口元はとても皮膚が薄い場所なので、刺激を与えやすくなってしまいます。ですから泡を乗せるだけでOKです。

5、ぬるま湯ですすぐ

35℃くらいのぬるま湯で、20回以上すすいでください。洗顔料が残らないように、しっかりと泡を洗い流しましょう。

6、清潔なタオルで水分を吸収

清潔なタオルを顔全体にあてがいます。このとき拭き取るのではなく、水分をタオルに吸収させるように、軽く押し当てるようにしてください。

関連記事

このページの先頭へ