乾燥肌が酷いときのファンデーションの選び方

乾燥肌で保湿ケアを意識している方は、ファンデーションを塗るときにも、色々と工夫をしてもらいたいのです。

せっかく乾燥肌を改善させようとしているのですから、ファンデーションにもこだわる必要があります。どんなファンデーションを使えばいいのか?肌のことを考えて、おすすめできるファンデーションの選び方をご紹介していきます!

保湿のためのファンデーションの選び方

まずはファンデーションをどのような基準で選べばいいのか、ここでご紹介します。

テクスチャーをチェック

テクスチャーが軽いものは、伸びがよいのでとっても使いやすいです。テクスチャーが重いものは、カバー力が高いので好んで使う人も多いでしょう。

まずは自分の肌にどのように馴染むか、テクスチャーの柔らかさを試供品などでチェックしてみてください。あまり硬いテクスチャーだと、皮膚に塗布したときに摩擦が起こってしまうこともあります。肌に優しく使えるものを探してみてください。

水性か油性かのチェック

乾燥肌の人や、乾燥している時期は「油性」のファンデーションを使うのがおススメです。油性のファンデーションは、肌の上で適度に水分を保ってくれるので、乾燥を多少なりとも防ぐことができます。

油性のファンデーションは、水で濡らすと水をはじきますので、そこで確認をしてみるのもいいでしょう。

油性ファンデーションの種類

油性ファンデーションには、一般的な『油性ファンデーション』と『油性乳化型ファンデーション』があります。油性は割と重たい印象になるのですが、乳化型を使うと多少は軽い感じがします。

油性ファンデーション

  • クリームファンデーション
  • スティックファンデーションなど

油性乳化型ファンデーション

  • リキッドファンデーション
  • クリームファンデーションなど

添加物などのチェック

リキッドやクリームファンデーションというのは、粉を液体にする工程で界面活性剤や防腐剤を使用していることがあります。

これらの成分は、肌に刺激を与えるため、乾燥肌を悪化させる可能性があります。ですから、出来る事ならばこういった成分が含まれていないファンデーションを選ぶようにしてください。

添加物とされる、香料、着色料、アルコール、パラベンなど、色々な肌への刺激が考えられる成分があります。これらがフリーになったファンデーションも続々と販売されていますので、探してみると良いでしょう。

保湿成分の配合をチェック

ファンデーションにも保湿成分が配合されているものがあります。せっかくならば、保湿成分が入っていた方が、乾燥肌の人には嬉しいですよね。

  • セラミド
  • コラーゲン
  • スクワラン
  • レシチン

これらの成分が含まれているファンデーションを使えば、乾燥肌でもしっとりとした仕上がりを楽しむことができます。

結局どのファンデーションがいいの!?

カバー力の高いファンデーションは、リキッドやクリームタイプのものです。しかし肌に刺激の強い成分が含まれている事が多いです。逆にカバー力は低くなりますが、肌に刺激のある成分を抑える事ができるのが、パウダーファンデーションです。

最近では、添加物を配合していないファンデーションが販売されていますので、そういったタイプであれば、形状は関係がありません。BBクリームは保湿効果もあって、添加物も入っていないというものが多いので、乾燥肌の人に人気があります。

あとは自分の使い勝手の良さがポイントになると思います。基本的には使いやすさ、添加物の有無、仕上がりの良さなどを見て、ファンデーションを選んでもらえればと思います。

乾燥肌の人は、シワやシミ、くすみなどに悩んでいる人も多いと思いますので、そういった悩みをカバーしてくれるファンデーションを選ぶのもポイントです。

関連記事

このページの先頭へ