栄養不足でも乾燥肌に!?美肌を育む食生活のポイント

乾燥肌というのは、「食生活の乱れ」が原因になっている場合があります。

現代は極端なダイエットをする人も多いですし、外食がメインになってしまう人も多いです。欧米型の食生活が広まったこともあって、栄養バランスの悪い食生活を送っている人が増えています。

こういった食生活の乱れというのは、乾燥肌の原因になってしまいますので、あなたも当てはまる事はないか、チェックしてもらいたいと思います。

食生活と乾燥肌の関係とは?

肌の水分保持力というのは『細胞間脂質(セラミドなど)約80%』『天然保湿因子(NMF)約18%』という状態になっています。

これら水分保持力のある、細胞間脂質や天然保湿因子というのは、色々な栄養素が必要となってきます。つまり食生活の中で、栄養が不足したり偏ったりすると、肌の水分保持力も低下してしまうということなのです。

栄養不足が水分保持力に与える影響

人間の皮膚というのは『タンパク質』で合成されています。

タンパク質が不足すると、角質細胞が正常に生まれ変わる事ができなくなり、いわゆる「ターンオーバー」が上手に出来なくなってしまいます。すると肌の水分保持力に、大きな影響を与えることになります。

細胞間脂質(セラミドなど)への影響

肌のターンオーバーが行われるときに、セラミドが生成されて、角質層に放出されます。タンパク質が不足すれば、ターンオーバーが乱れてしまいますので、細胞間脂質の量は減少して、水分保持力も失われていきます。

天然保湿因子(NMF)への影響

角質層の下にある顆粒層というところの細胞内タンパク質が、ターンオーバーの過程で天然保湿因子に変化します。つまり、タンパク質が不足していると、ターンオーバーが乱れてしまい、天然保湿因子も生成されなくなってしまうのです。

必須脂肪酸の重要性

必須脂肪酸という脂質成分は、人間の体では合成できません。

しかし皮膚など人間の細胞の「細胞膜」にとって、必須脂肪酸は欠かせない材料となっています。ですから必須脂肪酸が不足すると、細胞が生まれ変われなくなってしまい、ターンオーバーも正常に行われなくなってしまいます。

タンパク質も重要な栄養素ではありますが、必須脂肪酸も同じように必要不可欠な栄養素だということです。

こんな食生活はNG

普段の食生活を振り返ってみて、当てはまるものがあるかどうか、チェックしてみてくださいね。

  • 極端なダイエットをしている
  • お酒をよく飲む
  • 加工食品を食べる事が多い
  • 外食やコンビニ弁当が多い
  • 野菜が好きではない
  • お肉や魚を一切食べない
  • お菓子や甘いものが好きでよく食べる

上記に当てはまる場合は、食生活の中で栄養バランスが偏っている可能性があります。肌の保湿に必要な栄養素を摂取できていない可能性が高いので、食生活を改める必要があります。

乾燥肌さんに必要な栄養素とは?

乾燥肌の人は、栄養バランスを考えた食事をとるようにしてください。肌の保湿能力を高める為に、お勧めしたい栄養素があります。それがこちらです・・・

  • ビタミン類
  • 亜鉛
  • 必須アミノ酸
  • タンパク質

これらの栄養素は保湿に欠かせないものとなっていますので、積極的に摂取するようにしてください。

関連記事

このページの先頭へ