保湿成分はどれが良いの?乾燥肌ケアのための化粧水の選び方

乾燥肌になると「保湿をしなくちゃ!」と思い、まずは『化粧水』を保湿効果の高いものに変えようと考えるでしょう。

化粧水が「肌に水分を与える」と思っている方が多いのですが、実は化粧水は水分を届けるというよりは「水溶性の美容成分(美容効果のあるもの)」を肌に届ける役目なのです。それでは、化粧水で乾燥肌ケアは出来ないのか?といえば、そうではありません。

保湿成分を肌に届ける事はできますから、保湿ケアにポイントを置いて、化粧水を選ぶようにすると良いでしょう。

化粧水選びのために知っておきたい保湿成分

肌に保湿成分を与えたいのであれば、『水溶性の保湿成分』を化粧水で摂取する事ができるアイテムを選んでください。具体的にどういった成分を化粧水で摂取すればいいのか、見ていきましょう。

水溶性の保湿成分

肌の水分保持力が低下している時に、乾燥から肌を守ることが出来る水溶性の保湿成分をご紹介しましょう。

  • ヒアルロン酸
  • グリセリン
  • コラーゲン
  • エラスチン
  • プロピレングリコール(PG)
  • ブチレングリコール(BG)

ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンというのは、真皮層にある成分です。角質層にはありません。これらは水分を吸着して、抱え込んでくれる性質を持っていますので、保湿効果のある成分として、色々な化粧品に使われています。

グリセリンやPG、BGというのは匂いがなく、無色透明の保湿成分です。少量の摂取であれば、肌への刺激が少ないことから、化粧品に配合されることが多い保湿成分です。

ちなみに、皮膚の天然保湿因子(NMF)を構成している成分が、配合された化粧水も保湿効果があります!

天然保湿因子(NMF)に含まれる成分

  • アミノ酸
  • ピロリドンカルボン酸
  • 乳酸ナトリウム
  • 尿素
  • ミネラル類

これらの成分も、保湿効果のある水溶性の成分なので、化粧水に含まれていると効果があります。

水溶性の保湿成分の中に、細胞間脂質の『セラミド』が入っていないと思いましたか?実はセラミドは水溶性ではないのです。ですから化粧水で摂取するには、適していない成分なのです。

もしもセラミドを摂取したいのであれば、油分がふくまれた化粧品の、美容液や乳液、クリームなどが向いています!

セラミドの生産量を高める成分

セラミドが化粧水で摂取するのが難しいのであれば、セラミドの生産量を高める作用がある成分を摂取すればいいのではないでしょうか?

  • ライスパワーNo.11エキス
  • ユーカリ抽出液

これらの成分は、水溶性の成分なので化粧水で補うことができます。そしてセラミドの生産量を高める事ができる成分なので、間接的にセラミドを補うことが出来ます。

ちなみに、天然保湿因子(NMF)は水溶性だとお話をしましたが、天然保湿因子の生産量を高める作用がある成分もご紹介しておきます。

それは、ヨクイニン(ハトムギ)などの植物エキスです。こういった植物エキス配合の化粧水って、よく見かけると思いませんか?天然保湿因子の生産量を高める作用があるので、こちらも活用できる化粧水だということを覚えておきましょう!

関連記事

このページの先頭へ