あなたの乾燥肌はどっちのタイプ?肌に乾燥をもたらす2つの要因

肌が乾燥すると、「ガサガサ」した肌触りになったり、メイクが上手く乗らないというトラブルが発生します。保湿ケアをして、乾燥肌を改善するのが1番の解決策なのですが、その前に自分の「乾燥肌タイプ」を知る事が重要です!

乾燥肌とひとことで言っても、肌が乾燥する原因には種類があります。原因にあった乾燥肌対策をするのが、保湿ケアでは大事な事ですから、まずはあなたの乾燥肌タイプをチェックしてみましょう!

肌が乾燥する2つの原因

肌の乾燥には、大きく分けて2つの原因が隠れています。

1つ目は「季節的乾燥」という、空気が乾燥するときに引き起こされる乾燥肌です。2つ目は「慢性的な乾燥」という、肌に刺激が加わることで引き起こされる乾燥肌です。

自分の乾燥肌は「寒くなってきたから起こるものだ!」と思っている人も、実はそうではなく「慢性的な乾燥」だったというケースがあります。自己判断をせずに、ここであなたの乾燥肌タイプをしっかり把握してくださいね。

季節的乾燥の原因とは?

季節的乾燥の原因というのは、主に空気が乾燥して、肌の水分がどんどん失われてしまう所にあります。

冬場というのは気温が下がっていますので、空気中にある水分も減少してしまいます。水分というのは、乾燥している場所へ流れていく性質を持っています。ですから、肌に存在している水分は、空気中の水分が減っていると、そちらへどんどん流れていってしまうのです。

毎日同じスキンケアをしているのに、冬場になると肌や唇がガサガサになったりするのは、季節的な乾燥が原因となっていると考えていいでしょう。

ちなみに冬場は寒さで体が冷えてしまい、血行が悪くなります。すると体内のリズムが崩れてしまい、皮脂の量が減少してしまいます。その結果、肌の表面を覆っている皮脂が減ってしまうので、水分の蒸発が増えてしまうのです。ですから冬場は肌が乾燥しやすくなるのは、当たり前ではあります。

ただ季節的な乾燥だからといって、スキンケアやお手入れを怠っていると、乾燥状態が改善されにくくなり、慢性的な乾燥肌になってしまうことがありますので、注意が必要です。

慢性的乾燥の原因とは?

慢性的な乾燥肌というのは、生活習慣の乱れやストレス、加齢や肌に合わないスキンケアなどが原因となっています。つまり、普段の生活の中で自分がやっている行動によって、肌が乾燥してしまうということです。

間違ったスキンケア

顔の皮膚は体と比較すると、かなり薄くなっています。さらに、まぶたの皮膚はより薄いといわれています。ですからちょっとした刺激や負担がかかるだけで、肌が乾燥してしまうのです。

  • 洗顔のときに熱いお湯で顔を洗っている
  • 顔を洗う時や拭くときにゴシゴシと擦っている
  • 肌に合わない化粧水などを使っている
  • 刺激の強い化粧品を使っている

このようなスキンケアをしていると、肌に大きな負担がかかってしまい、乾燥肌を招いてしまいます。

生活習慣の乱れ

生活習慣が乱れると、肌に負担がかかってしまい、乾燥肌の原因になるということが分かっています。当てはまる生活習慣があるかどうか、チェックしてみてください。

  • 睡眠不足
  • 暖房をよくつける
  • 栄養バランスの偏った食事
  • ストレスを感じることが多い
  • タバコを吸う

これらは肌にとって、悪い影響を与える生活習慣なので、気を付けてください。

関連記事

このページの先頭へ