ファンデーション別に見る乾燥肌を悪化させない使い方

ファンデーションの選び方を参考にして、お好みのファンデーションを見つけてもらえたでしょうか?色々なことを吟味した結果、自分の使いやすいものに落ち着いたという人もいると思います。

そこで今回は、ファンデーションの種類別に、それぞれの上手な使い方をご紹介したいと思います。乾燥肌を悪化させないように、ファンデーションを使ってもらいたいので、是非参考にしてみてください。

ファンデーション別にみる上手な使い方

リキッドファンデーション

カバー力に優れており、保湿力もあるのがリキッドファンデーションの特徴です。

肌に密着する力があるので、メイクが崩れにくいメリットがあります。しかし界面活性剤や添加物が多く含まれている事もあるので、肌に刺激を与える事にもなります。そして洗浄力の強いクレンジングが必要になるので、乾燥肌にはあまりお勧めはできません。

しかしリキッドファンデーションを使いたい!ということであれば、出来るだけ添加物が少ないものを選ぶこと、そして肌に塗るときには優しく摩擦が起こらないようにしてください。

クリームファンデーション

こちらもリキッドファンデーションと同じく、カバー力があります。しかし界面活性剤が含まれているので、肌に刺激が加わることもあります。

塗布するときは刺激や摩擦を与えないようにすること、下地などでカバーしておくことが使う時のポイントとなります。

パウダーファンデーション

カバー力はリキッドと比較すると劣りますが、界面活性剤が含まれていないので、肌への刺激は少ないファンデーションです。

しかし乾燥した肌には、パウダーがなかなか密着してくれませんので、粉をふいたような見た目になることもあります。カバーできないので、つい厚塗りになってしまうことも多いです。

そこでパウダーファンデーションを使う時は、メイクの前にしっかりと保湿ケアをしてください。化粧水と美容液などで肌を整えて、ファンデーションが密着しやすい状態にするのがポイントです。

ミネラルファンデーション

パウダー状になっているファンデーションに近い使い心地ですが、ミネラルが原料になっているので、肌への刺激はとても少ないファンデーションです。

メイクのカバー力やキープ力は、やはりリキッドよりも劣りますが、素肌っぽい印象を与える事ができます。

ミネラルファンデーションを使う時には、下地などで肌悩みをカバーして、気になる部分をある程度補うのがポイントです。

BBクリーム

BBクリームは、下地やファンデーション、美容液、保湿クリームなど、様々な要素が1つにまとまったクリームです。つまりファンデーションとして、BBクリーム1本でメイクが完了してしまうということです。

乾燥肌は刺激に弱いので、余計な工程が増えないのがBBクリームのメリットですね。

しかしBBクリームはモノにもよりますが、べたつきを感じることがあります。さらに崩れやすいということもありますので、やはりこれ1本だけではダメだと思います。仕上げにパウダーを軽くのせると、肌馴染みがよくフィットした印象になります。

CCクリーム

BBクリームと同じようなもので、さらに美容液成分がプラスされたファンデーションです。保湿効果や、美白効果などが含まれている事が多いですね。

やはりBBクリームと同じように、仕上げにパウダーを乗せるのがポイントです。

関連記事

このページの先頭へ